ネコネコブログ,龍,ドラゴン

ネコさんものがたり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

「猫と深く関係 私が○○を苦手なわけ:ニンゲンのひとりごと」

みなさま、ひさしぶりのニンゲンです。

ずっとニャン太郎くんがお話ししてくれたので、ここらへんで私もちょっと語っちゃおうかなと思っての登場です。
今日は少しグロい話をしますので、苦手な方はスルーしてください。




ニンゲン





実は、私は食べ物で食べれないものがあります。
それは、「そうめん」と「冷や麦」、そして「肉」。

肉は、豚、牛、鳥、くじらなど、ほ乳類と鳥類、(きっと爬虫類も)を食べることができません。

私がお肉を食べれなくなったエピソードは、以前ニャン太郎くんがブログで話してくれました。(エピソードはコチラ
でもあれにはあの時には書かなかった裏の話があるのです。




苦手な食べ物が多いニンゲン





小さい頃からまったくお肉を食べていなかったので、今ではお肉は食べ物に見えなくなりました。

だからステーキを見ても美味しそうという気持ちにならないのです。
万が一何日もごはんを食べることができなくて、ものすごくお腹が空いていて、目の前にお肉が出てきても食べることができないかもしれません。




今では、そうめんやお肉を食べない私ですが、食べない理由というかきっかけがあるのです。

お肉を食べないのはもちろん宗教や思想上の理由ではありません。

実は、子どもの頃は、そうめんも、お肉もしっかりと食べていました。
どちらかというと、お肉もそうめんも大好きでした。




子どもの頃のニンゲン






そうめんと冷や麦が食べれなくなったのは、ある体験が原因でした。
それは、私が小学1年生の夏。

夏風邪をひいて熱を出して学校を休んでいた時のことです。
お昼に病気の私に母が用意してくれたのが「冷やしそうめん」でした。

高熱を出していた私は、冷えたそうめんをしっかりと食べました。



冷やそう麺を食べるニンゲン





そうめんを食べた後、自分のベッドで寝ることにすっかり飽きていた私は、リビングルームの床の上でごろんと横になっていました。

そのうちに母が近所に外出しました。

母が家を出てしばらくすると、私は突然気持ちが悪くなってきました。
気持ちが悪くていたたまれなくて、床の上でごろんごろんとのたうち回っていました。



リブングルームに寝ているニンゲン




「うっ」
私は、とうとうそうめんを戻してしまったのです。

ところが、この時、逆流してきたそうめんは、あろうことか私の鼻からも逆噴射。
しかもそうめんは、鼻を貫通できずに私の鼻をふさいだまま止まってしまいました。

息が苦しくて、気持ち悪くてあぐあぐともがいていたところに母が戻ってきて事なきを得たのですが、6歳にして体験したこの苦しい出来事は、鼻の中に充満した「そうめんのニオイ」がトラウマとなって染み付いてしまったのです。

実は、そうめんは特にニオイがダメなんです。

これが私がそうめんと冷や麦を食べられない原因となった経験です。

麺類を食べるときは体調の良い時にした方が良いのかもしれません。




鼻にそうめんをつまらせるニンゲン





さて次のエピソードはお肉です。
これは、タイトルにもあるように猫が関係してきます。

子どもの頃はお肉が大好きで、母が作るローストチキンの足が夕食に出るとテンションが上がっていました。

そんな私がある日を境にお肉を食べることができなくなりました。




ローストチキンに盛り上がるニンゲン






それは、学校の先生が授業の中で

「皆さんは動物の体のお肉を食べているのです。
命をいただいているのですから食べ物は、残さないようにしましょうね」
と話したことで動物の体を食べているという事実を知ってショックを受けたのも本当の話なんですが、その前にショッキングな『事件』がありました。

それは、先生が「残さず食べましょうね」のお話をする前の出来事です。




小学校の先生






私の通っていた小学校は特に理科教育に力を入れていた学校で、理科室も小学校とは思えないほどいろんな設備が整っていました。

その理科室に新しい「もの」が届きました。

クラスを全員でその新しい「もの」を見に、理科室に行きました。



「きゃ~~~~~~~」
「ひゃあああああああ」

「うわあああああああ」

「もの」を見た同級生たちは大声を出しました。




悲鳴を上げる同級生







理科室に届いた新しい「もの」は体の内部を開いて見せたホルマリンづけの標本だったのです。

私は、声も出せず、目を背けるのがやっとでした。

そうです。

その標本は、猫だったんです。




固まるニンゲン






この日を境にお肉は私にとって食べるものではなくなりました。







ニンゲン

今思い出しても恐ろしい思い出です。








肉を手でのける猫のニャン太郎

「ニンゲンのやつがお肉を食べないせいか、オレも肉には興味なかったぜ。
ささみもスルーだったな」










(> " " <)
( ='o'= )  ネコのニャン太郎とチョコ(ついでにニンゲン)に応援を。
-(,,)-(,,)-  ↓下の2つのボタンにポチっと 





にほんブログ村 猫ブログへ

ネコネコ

ヽ(*´□`*)ッ ありがとう!! 





*************
時間がある人は、
一度ここさらにここも、
そしてここも読んでみてね。
*************




はじめて読む方へ
★このブログのあらすじ★



こぢんまりと発売中
ねこさんものがたり
アマゾン  楽天

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

2012-06-01 : ニンゲンのひとりごと : コメント : 19 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
そうめん、なぜ~?と思ったら
そんなトラウマがあったんですね・・・
そんな体験をしたら絶対に食べれませんよね。

うわ~~~!
お肉のエピソードは前も読みましたが
もっと恐ろしい事があったんですね!@@
ちょっとそれって子供に対する虐待に感じました。
そんな物なぜ見せるの?イヤ~~~~!
2012-06-01 19:07 : しげりん URL : 編集
No title
あんれま、大変でした(>_<)
きっと子供ながらに相当辛かっただろうな、そうめん事件…大事に至らなくて本当に良かったですよね!!
そうめんって無味無臭って感じだけど、やっぱ匂いとかあるんですね。実は私もあれ、ちょっと苦手で(^_^;)
標本はね~あれどうなんすかねぇ、実際のところ…
今、ダンスが必修科目になったとか色々と国も頑張ってあれこれやってるけど、本当~~~に今一度あれこれ見直したらどうだろうってな事、結構ありますよね!
2012-06-01 19:19 : しゅりっち URL : 編集
No title
そうめんのお話は、鼻からそうめん出てるイラストもあり、
すいませんがかなり笑えました=3
でも、後半のお話は、う~ん・・・。
なんでそんな身近な動物の、そういう姿を子供に見せる必要があるのか、
全然理解に苦しみますよね~。。。

2012-06-01 20:25 : ミルキーとらじろう飼い主 URL : 編集
No title
うーーん
信じられない気持ちです
2012-06-01 20:31 : メルモママ URL : 編集
No title
なぜ猫だったのでしょう?
ちょっとそれって・・・怖すぎ~
お家で猫を飼ってる子なんて、ショックだったんじゃないかなぁ?
私は鮒でも気持ち悪かったよぉ~

生き物の命をいただいていると思うと、私もお肉は・・・
ドナドナのメロディーが頭をグルグル回って・・・
でも、お肉大好き 汗

そうめんは、私も子どもの頃、遊園地のそうめん流しが好きで食べては、帰りに車に酔ってすべてリバース!
うんうん、鼻からも滝のように出てたね。 汗

ちびまつぼっくりちゃん、かわいい~
2012-06-01 20:55 : にゃんたま URL : 編集
No title
子まつぼっくりさん可愛い♪(笑)
あ、私もくしゃみと一緒にラーメンを
鼻から出したことあります(爆)
2012-06-01 21:08 : にゃんずぱぱち URL : 編集
No title
かなりキツイ体験をされたんですね。
同じ体験をしていたら、やっぱり食べれなくなっていたかもしれません。
私が子供の頃も理科室にホルマリン漬けの標本があった記憶がありますが、
確か爬虫類だったように記憶してます。
理科教育に力を入れるにしても・・・
小学校1年生に猫の標本はキツイですね。
2012-06-01 21:20 : grazie URL : 編集
No title
あ~~そうめんのくだりはわかるなぁ~
私も居酒屋で飲んでヤキトリ食べて、気分よく帰宅したその夜、そりゃもぅ上から下から大変でした
丸1日苦しんだよ
今思えばあれは食中毒だったんじゃ・・・と思う
だけど一緒に食べた友人はピンピンしてたんだけどね
リバースしてる時の、あのヤキトリの匂いが忘れられず、何年かはヤキトリは食べられなかったよ(見るのもイヤだった)
今は大丈夫よ^^

理科に力を入れてるからって、何を考えてるんでしょうね?
猫はおうちで飼ってる子だっているかもしれないのに
なんて配慮の無さ!腹が立つ!!
大学生ならいざ知らず、小学生なのに
標本を見る子供の気持ちを考えなかったのでしょうか?
逆に標本を見てなんとも思わない子の方が恐ろしいわ
今だったら大問題よ
2012-06-01 22:36 : ちょこママ URL : 編集
No title
そうめんもお肉も、子供頃の経験がトラウマになっていたんですね。
2012-06-01 22:42 : URL : 編集
No title
標本って。。びっくりしました~。
私もきっと耐えられなかったと思います。
日本人は実は大昔は肉はたべていなかった
らしいですよ。
腐るという言葉は、肉を食べると腐ると
いう語源があって昔の人は食べなかった
そうです。
野菜はヘルシーでいいですものね。
私は子供のころ逆に肉を食べれませんでした。
お刺身も高校卒業するまで無理でした。。

2012-06-01 23:45 : はなにゃん URL : 編集
No title
ぎゃー!ぎゃー!
想像したらうげげげげげげ。
まつぼっくりさんがトラウマになってしまうのもわかる。
というか、イラストの子まつぼっくりさんがかわいくて(^m^)
2012-06-01 23:57 : sally URL : 編集
No title
小学校でホルマリンや標本と言われ、思い出しましたが、
私の行ってた小学校でもかなりの標本ありましたが、
よく考えると、そんなに小学校に標本常備する必要ってあるのかなって、改めて思いましたね。。
しかし~そ、そのホルマリン漬けはないですよね・・。
そうめん、ん~、とんでもない事が起こってたんですね、、、。
2012-06-02 00:16 : 草之丞 URL : 編集
う~ん…
まつぼっくりさんと同じような
トラウマをもった子どもさんが、
ほかにもいたかもしれません(>_<)

理科教育に力を入れていたそうですが、
これは少し年齢が早すぎるかもしれませんね…
2012-06-02 02:04 : ふわつま URL : 編集
No title
・・・・小学校に猫のホルマリン・・・・。それって…教育上いいのか悪いのか…うう~ん微妙。怖がらせるだけじゃないのか…??そんな身近な動物を…。猫飼ってるこだって多いだろうに…。
そりゃ分かります。食べられなくなるの…。

そうめん…。そうめんってにおい…覚えてないなあ。いやドイツで食べないというわけではなくて。たまに食べるんですけど。まあ…鼻に詰まっていたらにおいますよねえ。そりゃあ。まあ…食べなくても良いものっちゃあ良いものだし…。
2012-06-02 04:37 : Kotora URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-06-02 07:38 : : 編集
No title
素麺は消化が悪ので病気の時は控える食品ですよ、私は栄養士と調理師と教員の資格もあり教育実習で家庭科と保健の科目を受け持ち食品連鎖を授業でやりました。
お肉、お魚。野菜等この世界で人間が口にする食べ物全てへの感謝大切ですよね。
そうそうエジプトへ行った時に猫さんのミイラ見ました・・ショックでしたが。。この時代の生に対する崇拝の凄さに感動しました
2012-06-02 10:55 : amesyo URL : 編集
No title
まつぼっくりさん、子供ながら大変な思いをされたんですね~
それじゃぁ、嫌いになる・・・というか、食べられなくなる筈ですね。
私の兄も、小学生の時に肉の加工工場を見学してから肉が苦手になりました。
三つ子の魂百までもって言いますものね~

猫のホルマリン漬けって・・・考えるだけでも恐ろしいですね。

2012-06-02 10:57 : そばかすクルル URL : 編集
No title
カエルとか魚のホルマリンつけならありそうだけど
猫なんて聞いたこともありません;;;
それは衝撃的すぎますよね(><);;;
気絶しそーーーー;;;;

ポチッとなぁ~♪
2012-06-02 12:12 : mindy URL : 編集
No title
そうめん、私も一夏食べられなかったことがあります。
保護した子猫の回虫駆除のせいです。
今は大丈夫です。

ホルマリン漬け、猫はグロいですね。
人間に近い分。
それがカエルならいいのかというと
微妙なところですが。

うちの母は子供の頃母の実家で飼っていた鳥を
母の祖父が首をはねて首のないまま走り回っていたのを見て
未だに鶏肉が食べられません。
2012-06-03 21:17 : yukabell URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »
ブログランキング ブログランキング ペット・動物ランキング
Pagetop

プロフィール

まつぼっくり

Author:まつぼっくり

★ブログの登場猫物紹介★


永遠の世界へ旅立った、
ネコさん=ニャン太郎と会うために
ネコネコウェブサイト
をつくりました。






にほんブログ村 猫ブログへ

ネコネコ



↑上の3つのボタンにクリックおねがいします






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




222%ネコさんな本!!

ニャン太郎がこちらの世界にいたころのお話。
几帳面でがんばり屋さんなのに、なぜか笑える。
ネコ目線で世の中をしっかり見ちゃってます。



ねこさんものがたりのセールスをするニャン太郎





全国書店で発売中!
 
『ネコさんものがたり』海鳥社



ここで買えます♪

ネコ楽天

ネコアマゾン



朝日新聞
読売新聞
毎日新聞
西日本新聞
リビング新聞
月刊テレビナビ
猫生活
犬吉猫吉
リトル・ママ
Love FM
天神掲載新聞
などで紹介されました 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




ブログのお話が初めから読めます!
★ネコネコ電子書籍★

19才の春、目をケガしたねこさんは、たいへんなことに……ネコさんの命の強さを描いた物語

片目になったネコさん




“しゅよう”と闘う日々、絶望の中にあって懸命に生きた命の記録。ニャン太郎の奇跡の物語

オレのなまえはニャン太郎




永遠の世界に行ったニャン太郎の大冒険。
ニンゲンを元気にするために大活躍。

ニャン太郎の大冒険




2012.4.9更新←←←
お外のネコさんものがたり

猫大河ドラマもくじ



↑クリックしてネコ読書を

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 ★since 2009

リンク

                       このブログをリンクに追加する                             ★リンクフリー。どなたでもリンクください。

ネコおかいもの



ちょこ



Olive特別編集 猫にモニャムール
Olive特別編集 猫にモニャムール



猫暮らし
猫暮らし vol.5






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Favorite

ニャン太郎とチョコの目標



ニャン太郎が元気を運ぶ   





感謝する猫のチョコ












englishicon

おすすめイベント




fukuokakentei150dpi.png

歴史的なものから
どうでもいいようなこと(失敬)まで
マニアックなローカルネタ満載!




ネコネコ壁紙プレゼント



ネコネコブログ壁紙 PC用の壁紙です。





ワクチン
みなさまの情報、ご意見をおまちしています





おきてがみ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。