ネコネコブログ,龍,ドラゴン

ネコさんものがたり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

「新しい出会い」

ニンゲンは先日、『おいでよ! 絵本ミュージアム』のイベント『News Cafe』に参加したんだよ。

『News Cafe』では、みんなでお茶を飲みながら『絵本のことを語り合う』というものだった。

いざとなると無口な上に、口を開けばいらないことしか出てこないニンゲンにはあんまり向いているイベントとは言えないけど、『おいでよ! 絵本ミュージアム』が面白かったので参加したんだ。




ニンゲンと猫のニャン太郎





会場は4、5人のテーブルに分かれていてそのテーブルごとに語り合うんだ。

テーブルの上には白い紙と水性マーカーが置いてあって話しながら好きなことを書いていいんだよ。

数十分ごとに席替えをするから結局ほとんどの人と話すことができるんだ。








机の落書き

これはニンゲンの座っていたテーブルの落書き。





そのイベントの中で絵本の朗読があった。

シェル・シルヴァスタイン作の『大きな木』。

ニンゲンは初めて出会った本だった。






この本はもともと『ほんだ きんいちろう』という人が翻訳していたのだけど、数年前に「村上春樹」が翻訳したものが登場したのだそうだ。

今回は、村上春樹版が朗読された。




少年と大きな木のお話。

白黒の線画にシンプルな文が並んでいる本だ。
白黒だなんて、オレのイラストといっしょだぜ。


(ちなみに『ほんだ きんいちろう』の翻訳は“少年”は“ちびっこ”と訳されていた。
“ちびっこ”の方が微妙にやわらかいイメージがするぜ)







朗読









リンゴの木と少年は友達であった。

ともに遊び、心を通わせていた。

しかし少年は大人になってゆきお金が必要になる。

木は「私の果実を売りなさい」と言う。

少年は果実をすべて持っていった。しばらくして、大人になったその子は家が必要になる。

木は「私の枝で家を建てなさい」と言う。

その子は枝をすべて持っていった。また時が経ち、男は「悲しいので遠くへ行きたい」と言う。

木は「私の幹で舟を作りなさい」と言う。

男は幹を持っていった。時が経ち、男は年老いて帰ってきた。

そして「疲れたので休む場所がほしい」と言う。木は「切り株の私に腰をかけなさい」と言う。

男は腰をかけた。

木は最初から最後まで幸せであった。

(Wikipediaより抜粋)








成長すると同時にいろんなものが欲しくなる少年と、自分の持っている物すべてを与える木。

なんでも欲しがる少年に嫌悪感を抱き、なんでも与えてしまう大きな木に「そこまでしなくても・・・」と思ったニンゲンだった。

最後はその姿さえもなくなるほどすべてを与えた木が幸せだったという言葉は静かに衝撃だった。




大きな木

『大きな木』
シェル・シルヴァスタイン作
村上春樹訳








この展覧会を観ながらニンゲンは、たくさん知らなかった絵本に出会っていたり、子どもの頃読んでいたのにお話を忘れてしまっている絵本があることに気がついていた。

会場内にあった『注文の多い料理店』の話をすっかり忘れていたニンゲン。

子どもの頃に好きだったはずの宮沢賢治の作品だったのに・・・・大人になると子どもの頃のことを忘れているもんなんだな。

ニンゲンは、『注文の多い料理店』と『よだかの星』をあらためて読み返してみた。

幻想的な宮沢賢治の世界を初めて感じた子どもの頃の記憶が蘇ってきてなんだかとっても新鮮な気持ちになったんだって。

この夏『銀河鉄道の夜』や他のお話ももう一度読んでみようと思っているニンゲンだ。





絵本を読むニンゲンと猫のニャン太郎







絵本の言葉は、とてもシンプル。

だからこそストレートに胸にしみるんだよね。

大人になるとあれこれいろいろ考え手しまうことが多くなってしまったニンゲンには、絵本の言葉が心にじわ〜っと響くのだろうか。










猫のチョコ


「会場には猫が出てくる絵本がいっぱいあったのよってニンゲンが言っていたのよ。

いろんなタイプの猫がいるって言ってたけどあたしに似た猫はいないのかしら?なのよ」








絵本ミュージアム


NTT西日本スペシャル 
おいでよ!絵本ミュージアム2013
季節と食〜いのちのかがやき しぜんのめぐみ いただきます〜

■ 会期:2013年7月26日(金)~8月18日(日) 
■ 休館日:会期中無休
■ 会場:福岡アジア美術館 企画ギャラリー
■ 住所:福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8F
■ 開館時間:10:00〜18:00(入場は17:30まで)
■ 観覧料:一般900円、高大生600円、小中生400円、未就学児は無料









(> " " <)
( ='o'= )  ネコのニャン太郎とチョコ(ついでにニンゲン)に応援を。
-(,,)-(,,)-  ↓下の2つのボタンにポチっと 





にほんブログ村 猫ブログへ

ネコネコ

ヽ(*´□`*)ッ ありがとう!! 





*************
時間がある人は、
一度ここさらにここも、
そしてここも読んでみてね。
*************




はじめて読む方へ
★このブログのあらすじ★



こぢんまりと発売中
ねこさんものがたり
アマゾン  楽天

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

2013-08-08 : ネコネコ生活 : コメント : 10 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
テーブルの絵、真ん中のイモ虫はまつぼっくりさんが描かれたんじゃないですか?
なんとなく、目がニャン太郎くんっぽい気がしましたw
絵本って大人になって読むと、子供の頃とは全然違いますもんね☆
なかなか絵本を読む機会ってないけど、読みたくなりました♪
2013-08-08 19:35 : ミルキーとらじろう飼い主 URL : 編集
No title
とっても楽しそうなイベントですね♪

「大きな木」どこで読んだか忘れましたが、私も読んだことがあります。
なんて勝手な子供だろう・・・と思ったものです。
でも最初から最後まで木は幸せだなんて・・・大きな愛ですね。
2013-08-08 20:13 : grazie URL : 編集
No title
絵本のお話ってストレートに胸に来ますね。
「大きな木」の話、初めて知りましたが 「幸福の王子」を
思い出しました。
ステキなイベントでしたね~(*^。^*)

今日は、お祝いコメありがとうございました。
とても嬉しかったです(^^♪
2013-08-08 21:55 : cocomama URL : 編集
No title
最近本を読まなくなった・・・
絵本...読みたくなりました。
2013-08-08 23:18 : 理恵子fuu URL : 編集
No title
ワールドカフェの書評版ってとこですね、いろいろ書いていくのって
こういう感じで、本を持ち寄って、お互いにその本の、
事を語っていくってのありますよね〜。
童話とか、絵本って、そこに描かれたことだけが、すべてでなかったり、して、そこから、読み解けるように、
隠された物語を内包してたりするんですよね^^;
2013-08-08 23:43 : 草之丞 URL : 編集
No title
面白いイベントですね
参加型で楽しそうです
他のひとがどう感じてるか、感性の違いが結構面白いですよねえ
木の話・・なんか読んだ覚えが・・どこで読んだんだろ
心理学かなあ?
アガペー無償の愛ですよね
なんでそこまで尽くしてくれるのかわからんけど(笑)
2013-08-09 04:35 : タフィー104 URL : 編集
No title
絵本かぁ~・・・もう気が遠くなるくらい前に
読んだきり読んでいないかも(^o^;)w
短い文の中に色々な事が詰まっていますよねー!
『大きな木』 木の方が幸せだったというのは
感慨深いですね。

ポチッとなぁ~♪
2013-08-09 07:49 : mindy URL : 編集
No title
お茶を飲みながら絵本を語る会は堅苦しくなくて楽しそうです。
村上春樹が翻訳してる「おおきな木」は「幸せの王子」と
似ているところがありますね。幸せとはなにか。
貰うよりも与えるものでしょうか。
『注文の多い料理店』『よだかの星』私もよく読んでました。
良い作品は何回読んでもいいですね。
大人になってから読むのもまた新たな発見があります。

チョコちゃんに似たタイプいたのかしら?
2013-08-09 16:11 : 猫の妖精 URL : 編集
No title
ははは♪
ニャン太郎ちゃんにいらない事言わないように
念を押されましたね(笑)
絵を描きながらお話する交流って楽しそうです♪
2013-08-09 16:49 : にゃんずぱぱち URL : 編集
No title
記事の中の絵本、読んだことがあります。
嫌悪感は持たなかったけど、
わたしだったら、木に、ずっと形あるままそこにいてほしいと思いそう…
でも、それだと自分の成長がないですね^^
向上して行く少年(人間という生き物)と、それに自分を与えて喜ぶ「自然」…
なのかな…と、思います。
宮沢賢治は、「セロ弾きのゴーシュ」が好きです!

そちらはほんとにもう~~暑いみたいですね^^;
お見舞い申し上げます。
2013-08-10 13:20 : yuki URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »
ブログランキング ブログランキング ペット・動物ランキング
Pagetop

プロフィール

まつぼっくり

Author:まつぼっくり

★ブログの登場猫物紹介★


永遠の世界へ旅立った、
ネコさん=ニャン太郎と会うために
ネコネコウェブサイト
をつくりました。






にほんブログ村 猫ブログへ

ネコネコ



↑上の3つのボタンにクリックおねがいします






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




222%ネコさんな本!!

ニャン太郎がこちらの世界にいたころのお話。
几帳面でがんばり屋さんなのに、なぜか笑える。
ネコ目線で世の中をしっかり見ちゃってます。



ねこさんものがたりのセールスをするニャン太郎





全国書店で発売中!
 
『ネコさんものがたり』海鳥社



ここで買えます♪

ネコ楽天

ネコアマゾン



朝日新聞
読売新聞
毎日新聞
西日本新聞
リビング新聞
月刊テレビナビ
猫生活
犬吉猫吉
リトル・ママ
Love FM
天神掲載新聞
などで紹介されました 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




ブログのお話が初めから読めます!
★ネコネコ電子書籍★

19才の春、目をケガしたねこさんは、たいへんなことに……ネコさんの命の強さを描いた物語

片目になったネコさん




“しゅよう”と闘う日々、絶望の中にあって懸命に生きた命の記録。ニャン太郎の奇跡の物語

オレのなまえはニャン太郎




永遠の世界に行ったニャン太郎の大冒険。
ニンゲンを元気にするために大活躍。

ニャン太郎の大冒険




2012.4.9更新←←←
お外のネコさんものがたり

猫大河ドラマもくじ



↑クリックしてネコ読書を

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 ★since 2009

リンク

                       このブログをリンクに追加する                             ★リンクフリー。どなたでもリンクください。

ネコおかいもの



ちょこ



Olive特別編集 猫にモニャムール
Olive特別編集 猫にモニャムール



猫暮らし
猫暮らし vol.5






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Favorite

ニャン太郎とチョコの目標



ニャン太郎が元気を運ぶ   





感謝する猫のチョコ












englishicon

おすすめイベント




fukuokakentei150dpi.png

歴史的なものから
どうでもいいようなこと(失敬)まで
マニアックなローカルネタ満載!




ネコネコ壁紙プレゼント



ネコネコブログ壁紙 PC用の壁紙です。





ワクチン
みなさまの情報、ご意見をおまちしています





おきてがみ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。