ネコネコブログ,龍,ドラゴン

ネコさんものがたり

「大きな猫と漂流した227日」

チョコのお母さんのお兄さんの旅立ちの話に、たくさんの心温まるコメントをいただきありがとうございました。

ニンゲンは、本当に感動して淋しかった心が温まっていたよ。

言葉というのは、本当に力を持っているんだな。







チョコのお母さんのお兄さんがお庭で旅立った日の午後、ニンゲンは映画を観に行った。

観た映画は『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』

実は前から観に行きたいと思っていた作品だった。








トラと猫のニャン太郎









トラは、大きな猫にも見えなくもない。

そんなこともあってニンゲンは、予告編を見た時からこの映画を観たいと思っていたんだ。








ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
(C) 2012 Twentieth Century Fox








映画は1976年頃のインドが舞台。

主人公はインド人の少年、パイ。

パイという名前はニックネームで、円周率からつけたのだ。

この名前からもわかるように少年はかなり賢かった。






当時のインドはフランス支配下から独立したりして大きく変動していた。

パイの一家は動物園を経営していたが、インドの変動をきっかけにカナダに移住することになる。

一家の財産である動物たちも外国で売るために、いっしょに船に乗ったのだ。

余談だがこの船は日本の船だったよ。

で、途中嵐に会い、船は転覆。

パイは救命ボートで命からがらひとり脱出する。

しかしそのボートには、動物園にいた獰猛なトラといっしょに乗っていたのだ。














ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
(C) 2012 Twentieth Century Fox

一見仲良さそうに見える映画の1コマ。

でも本当は・・・・・














ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
(C) 2012 Twentieth Century Fox

トラとの間には常に緊張感が走っている。

下手するとトラに襲われてしまう緊張感の中漂流しているパイ。















ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
(C) 2012 Twentieth Century Fox

夜、クジラと遭遇。
映画は思いがけない幻想的なシーンがいっぱいあったよ。








大海原でトラとサバイバル。

ただでさえめちゃくちゃたいへんそうな状況なのにパイは勇気と知恵をしぼってトラと共存していくんだ。

劇中パイはトラと一緒にいたからこそ、この極限状態を緊張感を持ち続けることができたのかもしれないと語っている。







ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
(C) 2012 Twentieth Century Fox

これは嵐に遭うシーンだ。










チョコのお母さんのお兄さんが旅立った後に観た映画は、命と別れ(旅立ち)に触れた作品だった。


小さなボートの上でトラと一緒に弱っていきいっしょに旅立つ覚悟を決めた時にパイをニンゲンは、ずっといっしょに暮らしていた猫のオレとの生活を重ねあわせていた。

この映画は、動物が好きな人とそうでない人では観た感想がずいぶんちがうのではないだろうかと思ったニンゲンだ。








実は、ニンゲンは、チョコのお母さんのお兄さんが弱って段ボールの箱に入った時、できれば早く旅立ってほしいと言う気持ちが浮かんできたんだ。

旅立つ前は、とても苦しく見えるから、できれば早く・・・・と思ったんだ。

そんな残酷なことを思う自分がとても嫌だったニンゲンだ。








ニンゲンと猫のニャン太郎









インドには、とてもいろんな寓話を持ったヒンズーの神々がいる。

サルや象など動物の神々もいるんだよ。

日本で生まれ育ったオレにとってヒンズーの神々は神秘的な存在だ。

主人公パイは小さい頃からヒンズーやキリスト、イスラムにも興味を持ちどの宗教にも感銘を受け信仰していたんだ。








ヒンズー神 ガネーシャ










パイは漂流中、生きて帰る事を神に祈るが、トラと一緒にあと少しで旅立ってしまいそうなほど弱り絶命の危機におちいった時、覚悟を決め神の元へ行きますと言ったんだ。

助けを求めるのをやめ、神の側に行くと言ったパイは、チョコのお母さんのお兄さんが早く楽になるように願ったニンゲンと少し似ているかもしれない。

パイやニンゲンが言うところの神というのは人を救うということをするのではなくて、いろんな場を人に与えるだけの存在なのかもしれないなあ。













ニンゲンと猫のニャン太郎

この映画は、見終わった後、お話をいろいろ解釈ができる不思議な映画だったんだって。
ひょっとしたら一生かけてで考え続けていくくらいのものすごく深い深いお話なのかもしれないとニンゲンは感じでていた。

ニンゲンは、好きな映画のひとつに数えていたよ。










(> " " <)
( ='o'= )  ネコのニャン太郎とチョコ(ついでにニンゲン)に応援を。
-(,,)-(,,)-  ↓下の2つのボタンにポチっと 





にほんブログ村 猫ブログへ

ネコネコ

ヽ(*´□`*)ッ ありがとう!! 





*************
時間がある人は、
一度ここさらにここも、
そしてここも読んでみてね。
*************




はじめて読む方へ
★このブログのあらすじ★



こぢんまりと発売中
ねこさんものがたり
アマゾン  楽天



http://www.cinematoday.jp/movie/T0013312

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

2013-01-29 : 映画 : コメント : 12 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
苦しみが続くくらいなら早く…
そう思っても決していけない事では無いと思いますよ^^
チョコちゃんのお母さんのお兄さん☆
虹の橋できっと今頃元気に遊んでる事でしょう^^
2013-01-29 17:29 : にゃんずぱぱち URL : 編集
No title
自然を、現実を、見守るのも大切ですよね。
深く大切に想っているからこそだと思います。(*^^*)
映画すごく観たくなりました〜
2013-01-29 18:57 : non☆(@'ω'@)たん URL : 編集
No title
できるだけ頑張って生きて欲しいけど、目の前で苦しんでる姿は見たくない、
そんな矛盾した気持ちになりますよね。
決して残酷ではないと思いますよ。
解釈がいろいろあるお話の映画、気になります~。
2013-01-29 19:32 : ミルキーとらじろう飼い主 URL : 編集
No title
この映画、私もみたいと思ってました。
いつもなかなか時間がとれなくて、気が付くと終わっている・・・というパターンなんですが、なんとか時間を作りたいと思います。

苦しんでいる姿を見るのは辛いですよね。
この苦しみが続くなら早く・・・と考えてます。
実際、そうゆう場面で痛み止めを使って、少し楽にする方法を選択してしまいました。
旅立ちを早めたわけではないのですが、
逃げてしまったのかも・・・
映画を見たら、このことに対する気持ちに変化が生まれるのかしら?
 
2013-01-29 20:09 : grazie URL : 編集
No title
まつぼっくりさんは、本当に正直で純粋な方だと思いました。
「ペンは剣よりも強し」と言いますが、言葉は両刃の剣ですね。
オブラートに包めなかった事を後悔しています。
ここで紹介される映画はつい身に行きたくなるんです。
トラは猫科だし(単純)インドって何だか深そう。
2013-01-29 20:35 : minako URL : 編集
No title
この映画、興味あったんですけど
残酷な結果は見たくないな~って思っていたんですけど…
解釈がいろいろ・・・もっと興味がわいちゃいました。
2013-01-29 21:09 : cocomama URL : 編集
No title
何度もお猫様や犬を見送ってきましたが
そのたびたびに、いろいろ考えます。
いつも「なにが正解だったんだろう」と思いますが
「正解なんてないんだろう」とも思います。

「正解」も「結論」もないけれど
「過ごした時間」だけは確かにあるので
それを大事にしたいという気持ちだけは
間違いないと思っています。
2013-01-30 00:04 : クロガネーゼ URL : 編集
No title
自然の本来の姿、あるべき姿が見えるのかも知れないですねえ
現実世界は私利私欲にまみれてるから、無だと本当の姿が見えるかもしれない
奥が深い映画ですねえ
これCGもスゴイらしいですね^^
2013-01-30 05:58 : タフィー104 URL : 編集
No title
あ~本を読みましたよこの。
そして今映画を見るかどうか迷い中なんです。
本は、私が初めてドイツ語で(原作はドイツ語じゃないですが)読み通せた本で、そのこともあって、とても印象に残っていて好きなんです。が、映画って往々にして原作と違っちゃったりするじゃないですか。
監督がアンリーだから…まあ…なんとなく感じがこうかな~とは思うのですが。
でも見るなら映画館ですよねえ…。早く見に行かなきゃ…。

苦しまずに逝けるって。そう願うことって、悪いことではないと思いますよ。チョコちゃんのお母さんのお兄さん、そうやって思ってもらって。一人で逝かなくて。良かったです。
2013-01-30 06:11 : kotora URL : 編集
No title
この映画 まだ見ていませんが 虎が凄くリアルですよね!

そして内容も興味深いです。

〝早く旅立って・・・〟と思うのは酷くなんかないです!!
私もニャン太郎くんと同じ意見です。

私も観に行ってみようかな・・・。
2013-01-30 07:15 : mindy URL : 編集
No title
久々に映画館に見に行きたいのがこれって先日書いたところに
まつぼっくりさんのこのレビュー、ん~有り難かったです!
やっぱ見に行こっかなぁ…どうしても虎さんと猫さんをかぶせてしまう…大きなシュリやチョコちゃんですよね虎さんって(*^_^*)
2013-01-30 09:44 : しゅりっち URL : 編集
No title
私も、にゃんずが虹の橋を渡る時は、苦しむ事のない様にと
何時も思っています。
辛い時間は、短い方が良いと・・・
2013-02-01 13:17 : yoko URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »
ブログランキング ブログランキング ペット・動物ランキング
Pagetop

プロフィール

まつぼっくり

Author:まつぼっくり

★ブログの登場猫物紹介★


永遠の世界へ旅立った、
ネコさん=ニャン太郎と会うために
ネコネコウェブサイト
をつくりました。






にほんブログ村 猫ブログへ

ネコネコ



↑上の3つのボタンにクリックおねがいします






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




222%ネコさんな本!!

ニャン太郎がこちらの世界にいたころのお話。
几帳面でがんばり屋さんなのに、なぜか笑える。
ネコ目線で世の中をしっかり見ちゃってます。



ねこさんものがたりのセールスをするニャン太郎





全国書店で発売中!
 
『ネコさんものがたり』海鳥社



ここで買えます♪

ネコ楽天

ネコアマゾン



朝日新聞
読売新聞
毎日新聞
西日本新聞
リビング新聞
月刊テレビナビ
猫生活
犬吉猫吉
リトル・ママ
Love FM
天神掲載新聞
などで紹介されました 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




ブログのお話が初めから読めます!
★ネコネコ電子書籍★

19才の春、目をケガしたねこさんは、たいへんなことに……ネコさんの命の強さを描いた物語

片目になったネコさん




“しゅよう”と闘う日々、絶望の中にあって懸命に生きた命の記録。ニャン太郎の奇跡の物語

オレのなまえはニャン太郎




永遠の世界に行ったニャン太郎の大冒険。
ニンゲンを元気にするために大活躍。

ニャン太郎の大冒険




2012.4.9更新←←←
お外のネコさんものがたり

猫大河ドラマもくじ



↑クリックしてネコ読書を

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 ★since 2009

リンク

                       このブログをリンクに追加する                             ★リンクフリー。どなたでもリンクください。

ネコおかいもの



ちょこ



Olive特別編集 猫にモニャムール
Olive特別編集 猫にモニャムール



猫暮らし
猫暮らし vol.5






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Favorite

ニャン太郎とチョコの目標



ニャン太郎が元気を運ぶ   





感謝する猫のチョコ












englishicon

おすすめイベント




fukuokakentei150dpi.png

歴史的なものから
どうでもいいようなこと(失敬)まで
マニアックなローカルネタ満載!




ネコネコ壁紙プレゼント



ネコネコブログ壁紙 PC用の壁紙です。





ワクチン
みなさまの情報、ご意見をおまちしています





おきてがみ