fc2ブログ
アイキャッチ画像
みなさん、こんにちは。
まつぼっくりです。

この夏、お仕事でたずさわらせていただいた『能の世界』のことを書きたいと思います。





能面を持つニンゲン







実を言うと、私はこの仕事をするまでほとんど『能』のことを知らず、日常生活の中で無表情で考えていることがわからない人のことを能面の人と言ったり、めちゃくちゃ怒っている人の顔を般若みたいって言う程度の知識しかありませんでした。

しかし、お仕事でその世界をほんの少しかいま見ただけでその面白さに一気に魅了されたのです。





まず、先にも述べた、『無表情の顔』の人は、女性の面です。

無表情で、ただ一種類しかないと思っていたこのお面は、実にいろんな種類の面があったのです。



若い女性の面や、少し大人の女、艶やかで色っぽい面、そして少し口角が下がった歳をとりつつある女など・・・

中には情の深い女やすごみのある女、成仏を果たしたあるいは、嫉妬で行き料になった女など、並べてみないとその違いがすぐにわからないほど同じ顔のつくりの中に微妙なキャラクター性が潜んでいたのです。



多分リアクションの大きい欧米人の人にはまったく理解できないくらいの変化の中で年齢や個性を出しているのですからたいしたもんです。







たくさんの女性の能面












そしてもう一つ、有名な般若の面。
嫉妬と妄想で狂った女の顔に角がはえ、鬼と化した怖~い面です。

男性が演じる能なのに、有名な面が女性の面というのも不思議な気がします。

女性の面は他にも何種類かあるのですが、ほとんど無表情系か、嫉妬に狂うものでした。

昔から能の面を彫っていた人は男性でしたから、女性の表情を無表情か嫉妬に狂った姿しか印象に残らなかったのか、それともその時代の男性は、無表情か嫉妬で狂った顔の女性が好きだったのかもしれないと妄想は膨らみます。





般若の顔








怒りマックスの鬼の面には耳がないんですって。
怒りすぎて人としての本性を失ってしまったらこうなるのです。

きっと怒りすぎて人の忠告なんか聞こえなくなっているんでしょうね。
気をつけよう・・・






真蛇の面








仕事をする前は知らなかったのですが、能の面には女性の面よりはるかにたくさんの種類の男性の面があったのです。

その表情は女性に比べるとあまりにも豊かで、現代にもこんなおっさんいそうだわ、っていうお面もたくさんありました。

若い男からおじいさんまで豊かな表情を見ただけでキャラクターを彷彿とさせるものもありました。

男のお面の中には、神様の面も多くて、なんだか世の中に不満を持っていそうな苦虫をかみつぶしたような表情のものがたくさんありました。

女性の面のような顔をした女性は昨今の付けまつげやエクステンションのブームのせいか、現代で見かけることは少ないと思いますが、男性の面のような顔をした人は現代にもたくさんいるのが不思議でした。

男の顔は進化していないのだろうか・・・
現代のイケメン風の面は皆無でしたよ。

男の能面の表情があまりにも豊かなので表情のない人のことを「能面のような顔」というのは、たいへんなまちがいだったことに気がつきました。
能面の表情はとてもとっても激しいものもあるんです。






男の面









面の表面もすごく興味深かったのですが、一番心に残ったのは、般若の面の裏側でした。

般若の顔はとても怒っていて恐ろしいのに、般若の面の裏側は、ぜんぜん怒っていないのです
中にはまん丸の目と口元が笑って見えるものすらありました。

怒りマックスの表情を見せた時、内面ではそれほど怒っていないのかしら・・・とさえ感じました。

能面の内側をこんなにいろいろ見たのは初めてでしたので、表の表情と比べてみるのは時間を忘れるほど面白かったです。

能の面持つキャラクターを知るだけで能のストーリーが少しだけ見えてきます。
けっこうハマリますよ。






猫の面をかぶったニンゲン









福岡近郊にお住まいの方は、この能面たちが一同に見ることができる展覧会が福岡市博物館で2012/11/11(日)まで開催中です。
良かったら見に来てくださいね。

展覧会情報はコチラ









(> " " <)
( ='o'= )  ネコのニャン太郎とチョコ(ついでにニンゲン)に応援を。
-(,,)-(,,)-  ↓下の2つのボタンにポチっと 





にほんブログ村 猫ブログへ

ネコネコ

ヽ(*´□`*)ッ ありがとう!! 





*************
時間がある人は、
一度ここさらにここも、
そしてここも読んでみてね。
*************




はじめて読む方へ
★このブログのあらすじ★



こぢんまりと発売中
ねこさんものがたり
アマゾン  楽天
まつぼっくり
まつぼっくり

ブログの登場人物



チョコの動画アップしてます!
ぶさかわチビネコチョコニャンチャンネル ハッピーキャットファクトリー





新装開店!猫ステーション
nwkoweb.jpg


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

ネコネコ



↑上の3つのボタンにクリックおねがいします






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




222%ネコさんな本!!

ニャン太郎がこちらの世界にいたころのお話。
几帳面でがんばり屋さんなのに、なぜか笑える。
ネコ目線で世の中をしっかり見ちゃってます。



ねこさんものがたりのセールスをするニャン太郎

book_20180106113730c5a.jpg

ねこさんものがたり

↓↓↓
全国書店で発売中!
 
『ネコさんものがたり』海鳥社



ここで買えます♪


海鳥社">海鳥社

ネコアマゾン








朝日新聞
読売新聞
毎日新聞
西日本新聞
リビング新聞
月刊テレビナビ
猫生活
犬吉猫吉
リトル・ママ
Love FM
天神掲載新聞
などで紹介されました 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

コメントがありません。

ハマりました

学生時代、留学生と一緒に良く見に行きました。
「野々宮」を見た時、口が動いて見えて引き込まれました。
能面は、正しくは「おもて」と読みます。
知らない方もいるかもなので、念の為。
「翁」は何度見ても眠ってしまい、狂言の面白さが引き立ちます。

No title

へぇ~~私も全然知りませんでした。
般若の麺やオカメひょっとこ
くらいかな。
ちょっと興味を引いたので、福岡だったら
是非見に行きたい… 残念。

  • しめじ
  • URL
No title

私も、能面見るの大好きです(^ω^)
学生の時は、よく東京国立博物館で能面の展示を見てわくわくしてましたね~!
上を向いたりうつむいたりするだけでも表情が変わって心の微妙な変化とか表現できたりしちゃうんですよね^^
日本人はこの微妙な味わいを創り出すことに長けていますよね!本当に誇らしいことだと思います
私も日本人でよかったなぁ~(´∀`)

能、狂言自体は1度学校から観に行ったことがあるだけですけど(^。^;)


No title

能面って、そんなに種類があったんだぁ~ ビックリ! (@_@;)
新しい発見をすると、どんどん興味が湧いてくるのかな?
能面の事、私も少し勉強してみるよ~! 

  • みぃしゃんのおっかぁ
  • URL
是非とも行きます

能は難しいと感じていましたが面から見ていくと解るかもしれないですね(^.^)教えて下さりありがとうございます(^.^)11月まであるなら行けそうです。いえいえ、是非とも行きます。貴重な日本文化を見逃せません。

No title

まつぽっくりさんは色々な分野のお仕事されるの
です〜ね

始めて知りました

  • grazie
  • URL
No title

般若の面の裏側がぜんぜん怒っていないろいうのはびっくりですね。
目と口元が笑ってさえ見るえるとは!
面を打つ人からのお話も聞いてみたですね。

  • めんまねえちゃん
  • URL
No title

自分でおうちと、おうちのひとを見つけた
猫ってえらいわ...
ちゃんとわかるんですねえ。

能、いっときはまって見に行ったことあるんですが、
ちょっと忘れちゃった(汗)...
私は幽玄なタイプより道成寺とか土蜘蛛とかの
観やすい(わかりやすい)のが好きでした。
素敵なお仕事だわー、まつぼっくりさんの...
いままでと違う面から、あまり興味がなかったことを
深く知ることができる機会が多いのですものね。
妖怪のときもすごくそう思いました。
あのカタログ、素敵で、こちらでもやってくれればって
思ったけど...(オークションとかでも見たけどそのときはなくって)
カタログだけでも欲しいって思うほどとってもいいかんじのものでした。

ふふふ、そういえば能面のような、っていうと多分
若い女の面だけでそういってるんでしょうね。
男の面はあまり無表情じゃないし、能面って、
角度や光の当て方でいろんな表情が出るようになってるから、
ほんとうはとっても表情が豊かですよね。
こんなこといっちゃいけないんだろうけど、
能面の小さいところから下の二重あごとかがむっくり
出ているのを気にしだすとすごく気になったあほな私です。
(そののどがぷるぷる震えるの...)

  • ひかり
  • URL
No title

能面について、全然知りませんでした~。
実は色んな表情があるんですね。
そういわれてみると……と改めて感じました。
こういうお話を聞いた後、じっくり見られると
楽しめますね。。。

  • クルー
  • URL
No title

すごい、能の世界って深いですね。
だけどこうやってお仕事に携わり、お勉強されて大変なことだと思います!!

デザインのお仕事って、色んな知識も増える素敵なお仕事ですね☆

  • しゅりっち
  • URL
No title

なるほど裏側ね!言われてみたら裏側の表情なんて考えたこともなかったなぁ。この現代、色んなものを付け足してのオシャレがもう当たり前になりましたものね。エクステもつけまも一度もやったことないおばちゃんです(-_-;)つけたら少しは変わるかしらですよ(^_^.)あ、でもね、耳はちゃんと自前の耳、常にある様にしときまっす(*^^)v ええ勉強になりましたね~これ☆ありがとうございますでしたよ♪

No title

能面の表情がそんなに細かく分けられているという事は
知りませんでした(゜o゜)!!
確かに「無表情」という感じとは違いますよねー!
しかも般若が女性だったなんて驚きです!!
嫉妬に狂った女はこんな怖い顔になるんだ~(^д^;)ww

ポチッとなぁ~♪

No title

私の恩師が能面を打っていて・・能面個人展示会をされています。私も以前小面と般若を彫りました。面の角度で表情を表す・・般若は小面の反対の顔・・凄い表現と思います

  • モモ
  • URL
No title

オイラの名前と同じ桃太郎侍も、般若のお面を被ってて、その額が八の字に割れてる模様があるから、八の字まゆげのオイラの名前が桃太郎となったのニャ。これはパパの娘がつけたんだけどニャ。(^0^*)/
ところで、今日のブログでは「本日限りのプレゼント」を告知してるから、時間があったら遊びにきてくださいニャ♪
応援☆

  • こぼん
  • URL
No title

なるほど~!
奥深い世界ですね(^-^)
ほんの少しの違いで使いわける。日本独特の文化ですね。
私も一度くらい生で見てみたいです(^◇^)
とっても勉強になりました♪

  • ミルキーとらじろう飼い主
  • URL
No title

へぇ~、能面って裏側もあるなんて、全然知りませんでした!
同じ面でも、角度によって表情が変わるってきいたことありましたが、
そもそもたくさんの種類があるんですね。
酔っ払いのお面まであるなんて・・・^^;
以前の妖怪のお仕事といい、自分の世界が広がるお仕事って、素晴らしいですね☆

  • まちゃこ
  • URL
No title

能、奥が深そうですよね。
ちょっとだけ興味はあるんですけど、
まだまだ理解できなさそうで、
実際に見たコトはありません(^^ゞ

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック