ネコネコブログ,龍,ドラゴン

「あの国が一番豊かで輝いていた時代」

ニンゲンは休日になると必ずと言っていいほど足を運ぶのが映画館だ。

ニンゲンはあらかじめネットでチケットを購入して席を確保してから行くんだよね。

頻繁に行くものだからある映画館のスタッフから

「いつもありがとうございます」

と声をかけてもらえるほどなんだ。

大きなスクリーンとロードショウの間の『今』しか観れないという緊張感が映画館で観る映画の醍醐味でもあるって思っているニンゲンだ。




映画館のニンゲンと猫のニャン太郎







ニンゲンの趣味のひとつは紛れもなく映画鑑賞だな。

その他の趣味は旅行と読書とブログか・・・

一時期ゲームにもハマったニンゲンだったけどテトリスをやりすぎて、本当にもうテトリスは一生やらなくてもいいやって思った瞬間があったんだ。

それ以来ニンゲンはまったくゲームをしなくなったんだよ。

オレは実際ニンゲンがテトリスをやっていた頃横にいて見ていたんだけど、本当に暇さえあればやっていたなあ。



テトリスに熱中するニンゲンと猫のニャン太郎




ああ、いけない!

話がそれてしまったぜ。

話を戻すことにしよう。






ヒッチコック
(C)2012 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

今回ニンゲンが観た映画は『ヒッチ・コック』だ。
あのサスペンスの帝王といわれた映画監督アルフレッド・ヒッチコックとその妻で編集者・脚本家のアルマ・レビルのお話だ。








ヒッチコック
(C)2012 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

ヒッチ・コックの役をあのイギリスの名優アンソニー・ホプキンスが演じている。

アンソニー・ホプキンスといえば、この人が出ているだけど重厚で芸術的な香りがスクリーンから漂ってくるような気持ちになるニンゲンだ。

「羊たちの沈黙」でアカデミー主演男優賞を獲得し、母国イギリスではナイトの称号を授与された俳優だ。

この人がスクリーンで演じているのを観るだけで「エエ作品を観たなあ〜」ってありがたい気持ちになるそうだ。





ヒッチコック
(C)2012 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

ヒッチ・コックの妻役にヘレン・ミレン。

「クィーン」でエリザベス女王を演じ、圧倒的な演技力でアカデミー主演女優賞に輝いて女優だ。

そんな品のある役だけではなく『RED/レッド』ではマシンガンをぶっ放す元・MI6という小口径自動小銃の名狙撃手のシニアを演じたりするとても魅力的な俳優さんだ。

また、この人もスクリーンにいるだけでその作品が格調高く見えるから不思議だよね。






ヒッチコック
(C)2012 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

映画は、ヒッチ・コックが『サイコ』という映画を作っていた頃のお話だ。

1960年に発表された頃のアメリカと全盛期だった映画製作の世界の香りがぷんぷん漂ってくるんだよね。





ヒッチコック
(C)2012 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

アメリカが豊かで大多数の庶民が暮らしをエンジョイしていた時代。





ヒッチコック
(C)2012 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

女性のファッションもどこかマリリン・モンローチックだけどとっても素敵。

これが古き良き時代ってもんなのかな。



ヒッチ・コックのお家のインテリアも60年代テイストでカッコよかったぜ。







ちなみにニンゲンはヒッチ・コックの作品をちゃんと観たことがないんだ。

テレビなどで断片的に紹介されている作品を観たことがあるだけだった。

彼の映画を観ていなくてもぜんぜんへっちゃらなお話だったよ。










猫のチョコ

「あたしのごはんが消えちゃったのよ!

お皿に入っていると思ったらいつもすぐに消えちゃうのよ!

これはサスペンスなのよ!」







猫のチョコとニャン太郎

おいおい・・・チョコ、それは食べちゃったからかりかりがお皿からなくなったんだよ。

もう少しゆっくり食べろよ。






(> " " <)
( ='o'= )  ネコのニャン太郎とチョコ(ついでにニンゲン)に応援を。
-(,,)-(,,)-  ↓下の2つのボタンにポチっと 





にほんブログ村 猫ブログへ

ネコネコ

ヽ(*´□`*)ッ ありがとう!! 





*************
時間がある人は、
一度ここさらにここも、
そしてここも読んでみてね。
*************




はじめて読む方へ
★このブログのあらすじ★



こぢんまりと発売中
ねこさんものがたり
アマゾン  楽天

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

2013-04-07 : 映画 : コメント : 12 : トラックバック : 0
Pagetop

「賛否両論に分かれることは予想できます」

ニンゲンはまたまた映画を観に行ったよ。

ニンゲンはよく映画館に行くんだ。

映画館に行くのは映画を見るということに集中できるし、なんと言っても日常生活から少し離れられるのがいいらしい。







映画に行く猫のニャン太郎とニンゲン








今回観た映画は、「クラウド アトラス」。

この映画は、 輪廻転生を描いた作品だ。

人は生まれ変わっても必ず引き寄せられる人がいる。

愛情でつながった人もいれば、敵対する人ともなぜか何度生まれ変わっても逢ってしまうんだよ。










クラウドアトラス
(C)2012WarnerBros.Entertainment.Allrightsreserved.

クラウドアトラス
(C)2012WarnerBros.Entertainment.Allrightsreserved.





19世紀から24世紀へ六つの時代と場所を舞台にそれぞれの時代を同じ俳優さんたちが演じていたんだ。

だから生まれ変わっても同じ人と関わっていく様子がよくわかったんだ。

でもニンゲンは、断片的に出てくるので映画を観ている最中はどれが前世のどの人なのか全員を把握するのはかなり難しかったみたいだ。





クラウドアトラス(C)2012WarnerBros.Entertainment.Allrightsreserved.


クラウドアトラス
(C)2012WarnerBros.Entertainment.Allrightsreserved.





トム・ハンクス演じる人物はある時代では善良な人だったり、癖のある人物だったり、性格もバラバラ。

生まれ変わってもハル・ベリーに魅かれるんだ。
恋に落ちるけど結ばれなかったり・・・・・









近未来のソウルの町で労働をさせるためだけに遺伝子操作で作られた合成人間(複製種)のソンミは、革命家のチャンに救出される。

このソンミはとチャンは別の時代別の国でも夫婦だったりする。






クラウドアトラス
(C)2012WarnerBros.Entertainment.Allrightsreserved.


クラウドアトラス
(C)2012WarnerBros.Entertainment.Allrightsreserved.






ちょっと前まで近未来の世界をアジア世界で表現した時、頻繁に舞台としてかり出されていたのは東京だったのに、今回は、ソウルなんだってところが軽くショックだったニンゲン。

その世界感はアジアだから東京を描いている時とほとんど差がないように感じるんだけどなあ。

東京は映画で描かれすぎているから、西洋から見るともはや近未来を描くのには新鮮みがないのかもしれないなあ。





クラウドアトラス
(C)2012WarnerBros.Entertainment.Allrightsreserved.






時空を超えていろんな人物が宿命のように絡み合っていくようすは、3時間近くの長さを感じさせなかったんだって。

ニンゲンは、この手の映画がけっこう好きなんだよね。

Our lives are not our own.
From womb to tomb, we are bound to others.
Past and present.
And by each crime and every kindness, we birth our future.

命は自分のものではない。
子宮から墓場まで、人は他者と繋がる。
過去も未来も、全ての罪が、
あらゆる善意が未来を作る。

うろ覚えだけど映画の中のこの言葉が印象に残ったんだってさ。








運命に導かれる猫のニャン太郎とニンゲン


もしこの映画の世界が正しかったならば、オレもニンゲンと何度生まれ変わっても出会うのかな・・・








猫のチョコ

「あたしも運命の猫なのよ〜」










(> " " <)
( ='o'= )  ネコのニャン太郎とチョコ(ついでにニンゲン)に応援を。
-(,,)-(,,)-  ↓下の2つのボタンにポチっと 





にほんブログ村 猫ブログへ

ネコネコ

ヽ(*´□`*)ッ ありがとう!! 





*************
時間がある人は、
一度ここさらにここも、
そしてここも読んでみてね。
*************




はじめて読む方へ
★このブログのあらすじ★



こぢんまりと発売中
ねこさんものがたり
アマゾン  楽天

テーマ : 猫と暮らす
ジャンル : ペット

2013-03-23 : 映画 : コメント : 11 : トラックバック : 0
Pagetop

「猫なのか映画なのか書きたいことが混乱中? ネコネコブログ」

土曜日はとっても暖かかった・・・・というより暑かった。

半袖でも良いくらい一気に気温が上昇したんだよ。

まるで5月?と思うくらいの気温だった。

薄着をして出かけていたニンゲンも少し歩いただけで汗ばんでいたぜ。





汗ばむニンゲンと猫のニャン太郎







そんな暖かい日、ニンゲンはまたまた映画に行っていたぜ。

今回ニンゲンが観たのは、『オズ はじまりの戦い』。








オズ はじまりの戦い

(C)2012DisneyEnterprises,Inc.









これは、かの有名な『オズの魔法使い』という映画のお話の前のお話。

つまりオズと言う魔法使いがどうやって誕生したのかをひもとくお話なんだ。


『オズの魔法使い』は、

♪さ〜むうぇ〜 おーばざ れいんぼう〜 うえぃ〜あっぷはい〜

ぜあぁ〜らんだらへどおぶ わんす いな ららばい〜♪


(虹の向こうのどこかの空の高いところに
いつか子守唄で聞いたことのある国があるのよ〜)

という歌詞の『おーばーざれいんぼう(虹のかなたに)』と言う名曲を生んだ映画でもあるんだ。




『オズの魔法使い』は、かなり古いけど有名な映画だ。

主人公の少女ドロシーとカカシや臆病なライオン、ブリキのオモチャ(時代を彷彿とさせるぜ)などの可愛いサイドキャラクターの冒険ファンタジー映画だ。
詳しい話は、ココから見てね。








オズの魔法使いの猫のチョコとニャン太郎








今回の『オズ はじまりの戦い』は、この『オズの魔法使い』を観ていないとイマイチ深いところまで理解できないかもしれない。

ニンゲンは『オズの魔法使い』が大好きでDVDも持っていたので予習はばっちりだった。








オズ はじまりの戦い

(C)2012DisneyEnterprises,Inc.

『オズ はじまりの戦い』は、オズという魔法使いがまだ存在しないけどオズという国のお話。

魔女やセラミックの人形や羽の生えたハイブリットなお猿さんが住んでいるファンタジーの世界。

極彩色の美しい、まさにこの世ではない、虹のかなたのような場所だ。

まるで永遠の世界みたいだとニンゲンは思っていたぜ。










オズ はじまりの戦い

(C)2012DisneyEnterprises,Inc.










オズ はじまりの戦い

(C)2012DisneyEnterprises,Inc.


良い魔女のグリンダ。

この魔女は、『オズの魔法使い』にも登場するんだよ。











オズ はじまりの戦い

(C)2012DisneyEnterprises,Inc.

こちらは今回の映画の中でとんでもないことになる魔女セオドラ。

もともとはピュアな心の美しい魔女だったんだ。

















ニンゲンが出かける前、チョコも玄関のところでいっしょにお外に連れて行って欲しそうな顔をしている。

こんなにお日様が明るくて暖かそうなものだから、チョコもお外で遊びたいんだよね。


暖かくなって、すっかりチョコの鼻水もほとんど出なくなっている。

このまま暖かい日が続いていくと、鼻水がまったく出なくなる日も近いかもしれないなあ。













ニンゲンが家に帰ってくると、大喜びして玄関に飛んできたチョコ。

ニンゲンがドアを開けたら勢いで、玄関のポーチに出てしまったぞ。

このまま、チョコは外に飛び出してしまうのか・・・・・・と思ったらチョコのヤツ、玄関のドアから1歩だけ出て立ち止まっているぞ。

ニンゲンがいっしょについてきてくれないから、ひとりで1歩だけだけどお外に出ちゃってビックリしているんだな。





ドアの外に出る猫のチョコとニャン太郎







この後すぐチョコはすぐに家の中に戻っちゃったよ。

なんだチョコのヤツ、あいかわらず怖がりだな。

オレだったらこのままお外を飛び回っているところだぜ。






家に走って帰る猫のチョコ






でも、お天気が良い日も今は花粉や黄砂などで空気がずいぶん汚れていそうだからお外には行かない方がいいんだろうな。

急なにわか雨が降ったりしたら、その直後くらいは空気はきれいになるのかな。










猫のチョコ

「あたたかいと鼻がすっきりしているのよ」








(> " " <)
( ='o'= )  ネコのニャン太郎とチョコ(ついでにニンゲン)に応援を。
-(,,)-(,,)-  ↓下の2つのボタンにポチっと 





にほんブログ村 猫ブログへ

ネコネコ

ヽ(*´□`*)ッ ありがとう!! 





*************
時間がある人は、
一度ここさらにここも、
そしてここも読んでみてね。
*************




はじめて読む方へ
★このブログのあらすじ★



こぢんまりと発売中
ねこさんものがたり
アマゾン  楽天

テーマ : 猫と暮らす
ジャンル : ペット

2013-03-10 : 映画 : コメント : 18 : トラックバック : 0
Pagetop

「ある人にものすごく驚いた話」

ニンゲンは、映画を観に行ったぞ。

今回ニンゲンが観たのは『ゼロ・ダーク・サーティ』。





ゼロ・ダーク・サーティ
Jonathan Olley (C)2012 CTMG. All rights reserved





9.11のアメリカを襲ったテロ事件の後、CIAが国際テロ組織アルカイダの指導者オサマ・ビンラディン氏を暗殺するために情報をかき集めていく姿を描いた作品だ。




ゼロ・ダーク・サーティ



ゼロ・ダーク・サーティ
Jonathan Olley (C)2012 CTMG. All rights reserved












休日だったので映画が始まる前のシアターの前のロビーには人がかなり集まっていた。

ニンゲンがロビーに入った時、なんだかものすごいニオイがしていることに気がついたんだ。

ニンゲンは、おかしいなと思いながらすぐトイレに行ったのだけど、トイレから戻ってきた時もロビーのニオイは相変わらずだった。

ニンゲンは、まだ少し長く歩く時には杖を持っている。

だからゆっくりしか歩けないのだけど、そのニオイがあまりにもキョーレツだったのでニンゲンはそのニオイからできるだけ遠ざかるためにニオイの元を目で追った。






映画館のロビーにいる人間と猫のニャン太郎







するとニンゲンは、ある男の人の周りにだけ人が誰もいない事に気がついた。

ロビーの椅子は全て上映を待っている人たちで埋まっていて、ロビーにもたくさんひとがいるにも関わらずその人の半径3メールに人は誰もいなかった。

そのキョーレツなニオイは、お風呂にずいぶん長く入っていないことを想像させるようなものだった。


その男の人はちょっと前に有名になった『戦場カメラマン』を60才くらいにしたような感じの人だった。

ニオイ以外はまったく普通の人で、ニオイはともかく見た目は、戦場カメラマンが来ているような感じの服ときれいな運動靴を履いていた。

見た目は普通なのになぜ、こんなにニオイがするのだろう・・・・・・

きっとロビーにいた人の全員が思っていた事だろう。






戦場カメラマン風の人








「この人の席が遠くでありますように・・・・」

ニンゲンは祈るような気持ちでシアターのドアが開いた時入場したんだ。

ニンゲンの席は、その戦場カメラマン風の人の4つ後ろの席だった。


「これくらい離れていたら大丈夫かな・・・・」

と思っていたら、キョーレツなニオイがたちこめてきた・・・・






ニオイをかぐニンゲンと猫のニャン太郎








「わああああ、これでは映画に集中できないなあ・・・・

席を変わってもらえるかどうか聞いてみよう・・・」


ニンゲンがそう思っていたらちょうど戦場カメラマン風の男の人の後ろに座っていた男性が立ち上がった。

その人はロビーに出ていった。

「きっとあの人もニオイに耐えられなくなったのかな・・・・」

ニンゲンもすぐに立ち上がってロビーに向かった。



ニンゲンがロビーにつくと先に立ち上がった男性がシアター入口のモギリのスタッフに戦場カメラマン風の人からできるだけ離れた場所に席を変わってもらえるようにおねがいするしていた。

ニンゲンが近づいていくと、スタッフは

「あなたも席を変わってほしいのですか?」
とたずねたんだ。



「はい、そうです」とニンゲンが言うと、先に席を立った男性が

「あのニオイおかしいよね。

僕はあそこに座っていられなくなったんだけどあなたもおなじでしょ?」

と声をかけてきた。



結局ニンゲンはその男性とともにシアターの最後部の端っこに席を移してもらえたんだ。











ニオイの元からかなり離れた場所に移動したものの、やはりあのニオイはキョーレツでずいぶん匂ってきた。

後部席からシアターを見ていると、他にも席を立つ人が出ていたようだ。

みんなニオイにがまんできなくなったんだな。

気がつくとシアターの中に映画館の支配人風の人が入っていた。

支配人風の人は制服のデザインが他の人と違ったのですぐにわかったぜ。

どうやら戦場カメラマン風の人を確認しにきたようだった。

支配人はしばらくシアター内にいたけど、特に何もしなかった。

そのうちに場内が暗くなり、映画が始まった。








上映中、やたら人がシアターの外に出ていったけど、それは映画が原因なのか、ニオイが原因なのかわからない。

後部席に座っているニンゲンは後ろにあるドアが開く度にロビーの灯りで明るくなるので、人が出ていくことがすぐにわかったんだよね。


映画が終わるまで戦場カメラマン風の人から放たれるニオイは続いたけど、ニンゲンは映画が終わるころにはけっこうそのニオイに慣れていた。

でも今回は、席が移動できたから少しは良かったけど、満席の飛行機などで今回のような人が隣に座ったらどうすればいいのかな・・・・ニンゲンは想像して身震いしていたぜ。






挿図するニンゲンと猫のニャン太郎








考えてみると日本人というのはけっこうニオイに対して気をつかう人が多いよな。

ニンゲンは韓国料理に行く時、ファブリーズを持っていったことがあるくらいだ。

宴席でいっしょにいた人たちは、ニンゲンがファブリーズを持ってきた事に大爆笑していたけど、結局帰りの電車の中でニオイが心配だということで、帰る時にはみんなファブリーズの世話になっていたっけな。






ファブリーズをかけるニンゲン








おっといけない、今回は映画の話題だった。

映画の事ってほとんど書いていないじゃん。

ニンゲン曰く、この映画はドキュメンタリーな映画で面白いとかそうでないとか言えるものではなかったらしい。

でもニオイのせいで忘れられない映画になりそうだって。











猫のチョコ

「あたしもニオイには敏感なのよ。

鼻がつまっていない時にはクンクンするのよ」








つけたしの情報。

ものすごいニオイを放つ戦場カメラマン風の男の人は、身なりもけっこう立派で、黒い皮の立派なショルダーバッグを持っていた。

シアターでは、特大のポップコーンと大きなドリンクのコップをトレイに入れて、おいしそうにほおばっていたよ。

ニオイ以外は本当に普通の男の人だったんだ。







(> " " <)
( ='o'= )  ネコのニャン太郎とチョコ(ついでにニンゲン)に応援を。
-(,,)-(,,)-  ↓下の2つのボタンにポチっと 





にほんブログ村 猫ブログへ

ネコネコ

ヽ(*´□`*)ッ ありがとう!! 





*************
時間がある人は、
一度ここさらにここも、
そしてここも読んでみてね。
*************




はじめて読む方へ
★このブログのあらすじ★



こぢんまりと発売中
ねこさんものがたり
アマゾン  楽天

テーマ : 猫と暮らす
ジャンル : ペット

2013-02-24 : 映画 : コメント : 12 : トラックバック : 0
Pagetop

「大きな猫と漂流した227日」

チョコのお母さんのお兄さんの旅立ちの話に、たくさんの心温まるコメントをいただきありがとうございました。

ニンゲンは、本当に感動して淋しかった心が温まっていたよ。

言葉というのは、本当に力を持っているんだな。







チョコのお母さんのお兄さんがお庭で旅立った日の午後、ニンゲンは映画を観に行った。

観た映画は『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』

実は前から観に行きたいと思っていた作品だった。








トラと猫のニャン太郎









トラは、大きな猫にも見えなくもない。

そんなこともあってニンゲンは、予告編を見た時からこの映画を観たいと思っていたんだ。








ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
(C) 2012 Twentieth Century Fox








映画は1976年頃のインドが舞台。

主人公はインド人の少年、パイ。

パイという名前はニックネームで、円周率からつけたのだ。

この名前からもわかるように少年はかなり賢かった。






当時のインドはフランス支配下から独立したりして大きく変動していた。

パイの一家は動物園を経営していたが、インドの変動をきっかけにカナダに移住することになる。

一家の財産である動物たちも外国で売るために、いっしょに船に乗ったのだ。

余談だがこの船は日本の船だったよ。

で、途中嵐に会い、船は転覆。

パイは救命ボートで命からがらひとり脱出する。

しかしそのボートには、動物園にいた獰猛なトラといっしょに乗っていたのだ。














ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
(C) 2012 Twentieth Century Fox

一見仲良さそうに見える映画の1コマ。

でも本当は・・・・・














ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
(C) 2012 Twentieth Century Fox

トラとの間には常に緊張感が走っている。

下手するとトラに襲われてしまう緊張感の中漂流しているパイ。















ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
(C) 2012 Twentieth Century Fox

夜、クジラと遭遇。
映画は思いがけない幻想的なシーンがいっぱいあったよ。








大海原でトラとサバイバル。

ただでさえめちゃくちゃたいへんそうな状況なのにパイは勇気と知恵をしぼってトラと共存していくんだ。

劇中パイはトラと一緒にいたからこそ、この極限状態を緊張感を持ち続けることができたのかもしれないと語っている。







ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
(C) 2012 Twentieth Century Fox

これは嵐に遭うシーンだ。










チョコのお母さんのお兄さんが旅立った後に観た映画は、命と別れ(旅立ち)に触れた作品だった。


小さなボートの上でトラと一緒に弱っていきいっしょに旅立つ覚悟を決めた時にパイをニンゲンは、ずっといっしょに暮らしていた猫のオレとの生活を重ねあわせていた。

この映画は、動物が好きな人とそうでない人では観た感想がずいぶんちがうのではないだろうかと思ったニンゲンだ。








実は、ニンゲンは、チョコのお母さんのお兄さんが弱って段ボールの箱に入った時、できれば早く旅立ってほしいと言う気持ちが浮かんできたんだ。

旅立つ前は、とても苦しく見えるから、できれば早く・・・・と思ったんだ。

そんな残酷なことを思う自分がとても嫌だったニンゲンだ。








ニンゲンと猫のニャン太郎









インドには、とてもいろんな寓話を持ったヒンズーの神々がいる。

サルや象など動物の神々もいるんだよ。

日本で生まれ育ったオレにとってヒンズーの神々は神秘的な存在だ。

主人公パイは小さい頃からヒンズーやキリスト、イスラムにも興味を持ちどの宗教にも感銘を受け信仰していたんだ。








ヒンズー神 ガネーシャ










パイは漂流中、生きて帰る事を神に祈るが、トラと一緒にあと少しで旅立ってしまいそうなほど弱り絶命の危機におちいった時、覚悟を決め神の元へ行きますと言ったんだ。

助けを求めるのをやめ、神の側に行くと言ったパイは、チョコのお母さんのお兄さんが早く楽になるように願ったニンゲンと少し似ているかもしれない。

パイやニンゲンが言うところの神というのは人を救うということをするのではなくて、いろんな場を人に与えるだけの存在なのかもしれないなあ。













ニンゲンと猫のニャン太郎

この映画は、見終わった後、お話をいろいろ解釈ができる不思議な映画だったんだって。
ひょっとしたら一生かけてで考え続けていくくらいのものすごく深い深いお話なのかもしれないとニンゲンは感じでていた。

ニンゲンは、好きな映画のひとつに数えていたよ。










(> " " <)
( ='o'= )  ネコのニャン太郎とチョコ(ついでにニンゲン)に応援を。
-(,,)-(,,)-  ↓下の2つのボタンにポチっと 





にほんブログ村 猫ブログへ

ネコネコ

ヽ(*´□`*)ッ ありがとう!! 





*************
時間がある人は、
一度ここさらにここも、
そしてここも読んでみてね。
*************




はじめて読む方へ
★このブログのあらすじ★



こぢんまりと発売中
ねこさんものがたり
アマゾン  楽天



http://www.cinematoday.jp/movie/T0013312

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

2013-01-29 : 映画 : コメント : 12 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »
ブログランキング ブログランキング ペット・動物ランキング
Pagetop

プロフィール

まつぼっくり

Author:まつぼっくり
ブログの登場人物



新装開店!
nwkoweb.jpg


にほんブログ村 猫ブログへ

ネコネコ



↑上の3つのボタンにクリックおねがいします






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




222%ネコさんな本!!

ニャン太郎がこちらの世界にいたころのお話。
几帳面でがんばり屋さんなのに、なぜか笑える。
ネコ目線で世の中をしっかり見ちゃってます。



ねこさんものがたりのセールスをするニャン太郎

book_20180106113730c5a.jpg

ねこさんものがたり

↓↓↓
全国書店で発売中!
 
『ネコさんものがたり』海鳥社



ここで買えます♪


海鳥社">海鳥社

ネコアマゾン








朝日新聞
読売新聞
毎日新聞
西日本新聞
リビング新聞
月刊テレビナビ
猫生活
犬吉猫吉
リトル・ママ
Love FM
天神掲載新聞
などで紹介されました 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 ★since 2009

ネコおかいもの



ちょこ



Olive特別編集 猫にモニャムール
Olive特別編集 猫にモニャムール



猫暮らし
猫暮らし vol.5






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


おすすめイベント




fukuokakentei150dpi.png

歴史的なものから
どうでもいいようなこと(失敬)まで
マニアックなローカルネタ満載!